忍者ブログ
今人気急上昇中のキーワードについてのブログです。
   [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   中山功太
中山功太とは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本社に
所属するピン芸人。
キャッチフレーズは「あるあるブルジョアジー」。
2009年R-1ぐらんぷり優勝者。

中山功太の実家はかつてソファーベッド製造会社を経営しており、
家は27LDKKK+トイレ4つ+お風呂2つで自分用のメディアルーム、
サウナを持っており、車はベンツ等4台所有で、
幼少期に誘拐されかけたほどの並大抵ではない大金持ちであり、
“お笑い芸人は趣味でやっている”という冗談を言われていた程。

2006年5月13日、実家の会社が倒産したとライブにて発言。
翌週15日ラジオでも言及した。
この時期から、あまり行われていなかったチケットの手売りを始める。

ヨシモトファンダンゴTVで実家の部屋に芸人を呼ぶ
中山功太の実家の部屋」という番組を持っていたが、
実家が無くなってしまったため「中山功太の番組」にタイトルが変わった。

一時期は結構太っていたが、シュールなネタと二重アゴが似合わないという
思いから、2008年から断酒をし、ボクシングエクササイズや
レコーディング・ダイエットで13kgの減量に成功した。
また座禅やホットヨガも始めている。

2009年、R-1ぐらんぷり2009では「時報」のネタで優勝した。

あるあるネタ・一人コント・音響を使ったネタ・フリップを使った
めくり芸ネタなど、中山功太の守備範囲は広い。
独自の観察力から中山功太自身が演じる勘違い人間のセリフにコロナの
Rhythm Of The Nightのイントロダクションに乗って、
サンプリングでツッコミを入れながらネタが展開される「DJモンブラン」は
中山功太の代表ネタの一つ。
生まれた持ちギャグは「チェケラー」「Here we go!」など。
PR
   西健一郎
西健一郎とは、和食料理人。昭和12年生まれ。
著名な京料理人である西音松の四男として京都に生まれる。
新橋にある京料理の店「京味」亭主。
近年、メディアへの露出が多くなっている。

料理人を継ぐはずだった長兄が他の道を志したため、
父親から17歳の頃に料理人になるように命ずられる。

京都の高級割烹で修行を始める。抜群の料理センスと負けん気の強さで頭角を現し、
30歳で独立し東京新橋に自分の店を構える。
店は文化人や作家が集う人気店となるものの、一抹の不安が残るようになる。
更に父親の「まだ料理人のうちに入ってませんわ」という評価が追い討ちをかけた。

数年間独自で探求を試みるが、結果的に京都で既に引退していた父親に教えを請うた。
父親は70を過ぎ、西は30半ばだった。
二度目の修行は父親が86歳で亡くなるまで、およそ10年続いた。

イシバシ・レシピ、数回出演
TVドラマ美味しんぼ、本人役として出演
プロフェッショナル仕事の流儀(NHK、2009年2月24日)

和のおかず―京味・西健一郎の幸せな台所(1997年)
京味の焼きもの(1992年)
日本のおかず 幻冬舎(2008年)

各界の著名人が絶賛する究極の料理人・西健一郎が書いた
「日本のおかず」は14万部という驚異的な売り上げを記録している。

小日向しえとは、日本の女優、タレント、歌手。

小日向しえは、歌手としてビクターエンタテインメントよりシングル6曲・アルバム1作を発表するなど
マルチな活躍をしている。

小日向しえは、フジテレビのバラエティ番組『ココリコミラクルタイプ』で共演していた
ココリコの田中直樹と結婚、2004年に長男を出産した。
2008年3月発売の雑誌nina'sにて第2子を妊娠中と告白、5月の予定だったが4月24日に無事出産した事が報じられた。

小日向しえは、2001年4月開始の「ココリコミラクルタイプ」で同番組のレギュラー陣でもあるピエール瀧と
リリー・フランキーのゆかりもあり(下記参照)晴れて地上波初のバラエティ番組レギュラー出演を果たす。

コント内で後の夫となる田中と小日向しえは意見が対立しあうような場面も多く、
「この2人は私生活で一緒になると反りが合わないだろう」との指摘も多くあったが、
2002年暮れに雑誌フライデーに田中と小日向しえの2人が尼崎でデートしている姿を写真に掲載された。

この記事が報じられ、田中はインタビューで「小日向しえさんとはあくまで仕事仲間です」と
交際していることを否定していたが、2003年5月末に公の場で結婚することを発表した。
なお記者会見に応じていたのは田中のみであった。

結婚後は特別なことが無い限り夫婦生活が語られることは無かったが、
2004年の「FNS27時間テレビ」の深夜コーナー「真夜中の大かま騒ぎ」にて、田中扮する田中子の
「共演者とデキちゃった」と題されたテーマで上記の経緯等が暴露された。

フライトプランは、2005年に製作されたアメリカ合衆国のジョディ・フォスター主演のサスペンス映画。
監督はドイツ出身で『タトゥー』を制作したロベルト・シュヴェンケ。
製作はタッチストーン・ピクチャーズというディズニー系列の映画である。

フライトプランあらすじ>
夫の突然の事故死に見舞われた航空機設計士のカイルは、6歳になる娘のジュリアを連れて、ベルリンから故郷のニューヨークへ向かう飛行機に乗り込んだ。
夫の棺を乗せて飛び立つハイテク重層ジャンボジェット、E-474。それは皮肉にもカイルの設計した最新鋭の航空機だった。
機内に落ち着くと、カイルは睡魔に襲われ、夢の中で夫の幻影を見る。
やがて目を覚ますと、隣にいたジュリアの姿がない。
客席、トイレ、厨房と探し回るが、乗客も乗員も誰一人として娘の姿を見た者はいない。
ジュリアはいったいどこへ消えたのか?

フライトプランは、全米で2週連続No.1のヒットを記録したジョディ・フォスター主演のサスペンス・スリラー。
ジョディは前作「パニック・ルーム」に続いて、実生活でも母になった大女優のこの種のキャラクターへの思いの深さがうかがわれる。
加えて「高度1万メートルの密室」という魅力的な舞台装置が大ヒットを導いた要因だろう。
劇中に登場する「E-474」は、次世代の巨大旅客機として映画用にデザインされたものだが、実際に奥行き240フィート、長さ300フィートという史上最大級のセットが作られ、観客に本物の旅客機に乗り込んでいるかのような錯覚を与えてくれる。

忍者ブログ | [PR]

Designed by Addio. / Graphics by まぜわん。 / Powered by NINJATOOLS
★... カレンダー ...★
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
★... 最新記事 ...★
★... カテゴリー ...★
★... リンク ...★
★... バーコード ...★
★... 最新TB ...★