忍者ブログ
今人気急上昇中のキーワードについてのブログです。
   [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   F60
F60とは、スクーデリア・フェラーリが2009年のF1世界選手権参戦用に
開発したフォーミュラカーで、アルド・コスタが設計した。
2009年の開幕戦から実戦投入される予定。
フェラーリとしてのコードナンバーは660。
F60は、「1950年のF1参戦開始から60年」を意味する。

規定に従ってフロントウイングとリヤウイングともに2008年シーズンを
走ったF2008とはまったく違う。
フロントウイングには2段式のままだが、中央部分はエレメントが
1枚のみに制限されているため、F2008のようなノーズとの接合は見られず、
翼端板に接続されているのみである。
また、ノーズが前方に大きく延長され、ウイングステーも、
ノーズから大きくウイングに向かって前方に突き出している。

フロント周りは特にエアロダイナミクス面での制限が厳しいため、
F2008まではサイドポンツーン上端からステーを伸ばしてミラーをつけていたが、
F60ではアンダーフロアから垂直にステーを伸ばす形となっている。
そして、そのステーは複雑な形状を描き、空力的に生かせるようにもなっている。
その他にも、小さなバージボードも装着されている。
このバージボードは厳しい規定の中で装着されているため、
従来のマシンよりも小形である。

インダクションポッドは大型化され、正面から見ると縦長の楕円となった。
ウイングレットやチムニーといったパーツがなくなり、
シャークフィンが廃止されたので、すっきりとしたリヤカウルとなっている。
また、上方排気のためのカバーも完全になくなり、
エギゾーストパイプが直接外にむき出しとなっている。

KERSは現在マニエッティ・マレリと共同開発中だが、
開幕戦のオーストラリアGPから使用するかどうかは未定。
レースドライバーであるフェリペ・マッサが、ムジェロサーキットで
F60のシェイクダウンを行う。
PR
   巡音ルカ
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社は、
音声合成エンジン「VOCALOID 2」を採用したソフトウェア音源、
「キャラクター・ボーカル・シリーズ」の第3弾「巡音ルカ」を
1月30日に発売する。

第1弾「初音ミク」、第2弾「鏡音リン・レン」をリリースして
話題を集めると同時に、第3弾も予告。5日には公式ブログにおいて、
第3弾の起用声優が浅川悠さんであることを発表。

最大の特徴は、初めて日本語と英語の2つの音声データベースを搭載したこと。
巡音ルカはバイリンガル女性シンガーとなっており、
今までのボーカル音源では難しかった、
日本語に英語が交じる現代的なポップスを流暢にこなせ、
ワールドワイドな音楽にも対応できるという。

声質について同社は「クールでちょっぴりミステリアスなキャラクター・ボイス。
“ムーディーかつハスキーな女声”をコンセプトに収録されたクールな声質で、
中域から高域まで広めの音域をフォロー。
ハウスなどの定番ダンス系からディープな電子音楽、
またはジャジー/ブルージーな大人びたサウンドにも対応する」と説明している。

キャラクターのイラストはこれまでと同様、KEI氏が担当。
設定年齢は20歳で、身長は162cm。体重は45kg。
コスチュームは生楽器音を発音構造を含めてシミュレーションする
「物理モデリング・シンセサイザー」をモチーフにしており、
公式ブログでは「ふくよかな胸の上に鎮座する“金のオブジェ”は、
管楽器(ホルン)と無限(循環器)がモチーフ」、
「喉元で青白く輝く宝石は、(音を通す為の)空気中の重要な要素である“水分”を、
水滴と重ねてイメージ化」など、詳細に説明されている。
   文化手帳
昨年3月に79歳で亡くなった作家、城山三郎さんの晩年の手帳
文化手帳」が見つかり、22日発売の「小説新潮」新年号に
内容の一部が掲載される。

備忘録と日記の役割を兼ね、妻に先立たれた男の寂しさや
体力の衰えと戦う老いの心情を率直に物語っている。

文化手帳が見つかったのは市販の手帳1998年~2006年版の9冊で、
神奈川県茅ヶ崎市の仕事場の机などにあるのを、
遺品を整理していた遺族が確認した。
城山さんは日記をつけておらず、スケジュール管理用の手帳に、
仕事や趣味のゴルフの記録に交じって、日々の心境を書き込んでいたらしい。

98年の手帳では、夫人との旅行や会話の記述があり、
熟年夫婦の仲の良さをのぞかせるが、
00年2月に愛妻、容子さんが亡くなった後は、
度々夢に見る妻への思慕の念を悲痛な文章でつづっている。

城山さんは、17歳で海軍に志願、戦後は、かつて自分がひかれた忠君愛国の
「大義」などへの疑問から、経済小説を開拓、戦争小説も精力的に執筆し、
組織と個人の関係を問い続けた。

晩年のこの時期は、その集大成ともいえる「指揮官たちの特攻」や、
死後刊行され29万部のベストセラーとなった結婚生活の回想録
「そうか、もう君はいないのか」を執筆している。
   扇情的
日本でも人気のある韓国のKポップ界の若手男性グループ「東方神起」の
ヒット曲「呪文-MIROTIC-」が、韓国政府から青少年に有害な曲に指定され、
未成年への販売が禁止されることになった。

東方神起は年末の「NHK紅白歌合戦」への初出場が決まっており、
この曲は10月27日付のオリコン調べで、日本のシングルチャートでも
1位になるなどしている。

韓国保健福祉家族省が、東方神起の「呪文-MIROTIC-」の
「1回のキス…2回のキス…おまえをおれのモノにした」という歌詞について、
扇情的表現に該当し、青少年に適切ではない行為をさせる懸念がある」と判断した。
11月27日付で韓国政府の官報に指定が告示されており、4日から発効する。

同省によると、発効後は19歳未満への販売が禁止され、
平日の午後1時~同10時、週末の午前10時~午後10時は
テレビやラジオでの放送もできなくなる。

ただ、インターネット販売を含め既に同国内で約47万枚を販売。
所属事務所は異議を唱え、措置の撤回を求め仮処分申請をする計画だという。

ちなみに「扇情的」とは、「感情や情欲をあおりたてるさま」という意味。
   木山裕策
木山裕策とは、現役サラリーマン歌手。
家族構成は妻と4男。出版社に勤める会社員を本業としている。
2008年2月に歌手デビューし、7月には初の著書も発表した。

高校教師の父と美容師の母の下に生まれ、大学時代にバンドを結成しボーカルを担当。
ビリージョエルを好んで歌った。
プロ志望を断念し、シナリオライターを目指しながらアルバイト生活をするも
挫折し、現在の会社に就職。

2004年頃、甲状腺に腫瘍が見つかり摘出手術を受ける。
木山裕策は無事に声が出るように回復すれば、歌手という夢へ挑戦することを決意する。
その後リハビリによって声帯は完治し、自分の声をCDに残して
子供たちに聞かせてあげたいと熱望するようになる。

2007年、日本テレビ系『歌スタ!!』に出演。
番組において、「歌い人ハンター」として名乗りを上げた多胡邦夫の楽曲
「home」での最終プレゼンテーションを行うが、落選する。
その後、フルコーラスで仕上げた二度目のプレゼンテーションによって認められ、
2008年2月6日に同曲でデビュー。

木山裕策が「第59回NHK紅白歌合戦」に出場することになった。
「(妻が)僕が辛いときや苦しいときに心の支えになってくれたので
『おめでとう!頑張ってね!!』といわれたときはグッときました」と目を潤ませた。

都内に建てた一戸建ての住宅ローンなどもあり、安定した生活を送るために
脱サラは考えておらず、「家族の大切さを歌った歌で紅白に出られて本当にうれしい。
この曲を1人でも多くの方に届けられるように頑張りたい」と意欲を見せた。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |
忍者ブログ | [PR]

Designed by Addio. / Graphics by まぜわん。 / Powered by NINJATOOLS
★... カレンダー ...★
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
★... 最新記事 ...★
★... カテゴリー ...★
★... リンク ...★
★... バーコード ...★
★... 最新TB ...★