忍者ブログ
今人気急上昇中のキーワードについてのブログです。
   [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   東京真空
北朝鮮の核関連施設に対し国際原子力機関(IAEA)が2007年に行った査察で、
ウラン濃縮装置に転用された日本製の真空ポンプが発見されていたことがわかった。

IAEAから日本政府への通報を受け、神奈川県警は今月上旬、
ポンプ製造元の機械装置メーカー「東京真空」(神奈川県相模原市)と、
輸出入代行業「ナカノ・コーポレイション」(東京都港区)の本社など5か所を
外為法違反(無許可輸出)容疑で捜索した。
警察当局はポンプの輸出先の台湾に捜査員を派遣、北朝鮮ルートの解明に乗り出した。
北朝鮮へのIAEA査察で日本製部品の転用が明らかになるのは初めて。

捜査関係者によると、真空ポンプは昨年7月、北朝鮮の寧辺(ヨンビョン)などの核施設に入った
IAEAの査察官チームが見つけた。
査察は、北朝鮮の核問題を巡る6か国協議で合意した核施設の停止・封印など
「初期段階措置」の履行を検証するために実施された。

警察当局は、台湾の捜査当局の協力を得て、過去の輸出記録などを調べた結果、
ポンプが台湾から北朝鮮に輸出されていた疑いが強いと判断した。

捜査関係者によると、捜索容疑は、2社が経済産業省の許可を受けず、
核兵器など大量破壊兵器に転用可能な資材の輸出について経産省が定める輸出貿易管理令
「リスト規制」に該当する真空ポンプを、輸出した疑い。
真空ポンプは濃縮の効率を上げるため遠心分離装置内を真空にするのに利用でき、規制対象となっている。
PR
神谷町のねじ専門店三和鋲螺で、入荷が待たれていた「ねじキューピー」の販売が始まった。
テレビや新聞で紹介されたことも人気に拍車をかけ、用意した千個の「ねじキューピー」は
2時間余りで完売した。

昨年9月の発売以来、近隣のOLらを発端に口コミで話題となってきた「ねじキューピー」は、
三和鋲螺旋の三代目・石井健友さんが企画した「地域限定キューピー」の一つ。
あまり表舞台に出ることのないねじ業界の活性化のためと、自らの遊び心で考案したものだ。
今年3月と5月にバラエティー番組「モヤモヤさま~ず」(テレビ東京)で取り上げられた影響で
品薄が続き、入荷日には購買者の列ができるようになった。

購入者の7割は男性客。
年齢層はさまざまで、高級車で乗り付けて列に並ぶ人の姿も見られた。
店の外では詠子さんが整理券とメニューを配り、客を誘導。
「少しでも多くの方に行き渡るように」と、販売は1人2個までと制限したが、中には家族総出で来店し
いくつも購入したり、「高知や九州の知人に頼まれた」と往復したりする人もいたという。

残る千個の在庫は、装飾が完成したものから順に1日あたり約100個ずつ販売する予定で、
「14日の土曜日には新作『ねじワッシャー』も並べられれば」と石井さん。
「ねじワッシャー」は、「モヤモヤさまぁ~ず」の取材の際、
「さまぁ~ず」の大竹一樹と三村マサカズからアドバイスを受けてできたキャラクターで、
すでに告知していることもあり、問い合わせや発売を待ち望む声も多い。
14日の発売予定日にも購入希望者の行列が予測されており、
他のキューピーもこの日をもって完売となる見込みだ。
   アツキヨ

アツキヨとは、佐々木厚(あっちゃん)、中村清美(Kiyo)の2人からなる歌手デュオである。
あっちゃんがギターとボーカルを担当し、Kiyoがサインボーカルとボーカルを担当している。
聴覚障害を持つKiyoが表現するサインボーカルが特徴的である。
「サインボーカル」とは手話を取り入れた独自の振り付けのこと。
あっちゃんの奏でるギターと歌声とKiyoの独特の手話表現の融合ユニット。

あっちゃんの魅力的な歌声とギターのメロディの『聴覚的魅力』
Kiyoの体全身を使って表現するサインボーカルの『視覚的魅力』
アツキヨは、ファミリーミュージックで小さいお子さんからお年寄りまでが
みんなで楽しく歌って踊って学べるような音楽を作っている。

2008年5月29日(木)の「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)で
アツキヨのストーリーが紹介され話題を呼んだ。

番組内で紹介されたアツキヨ『君の夢を聞けば』は、
“あきらめなければ、夢は必ず叶う”男女ユニット アツキヨが、ファンに訴えかけて来たメッセージだ。
フォークギターを弾き、声を張り上げて歌うアツシ。
そして手話を取り入れたサインボーカルで“歌”を表現するKiyo。
2人にとって、「愛燦々」「さらば青春」「シクラメンのかほり」などの作詩・作曲で知られる小椋佳氏は、
ミュージシャンの先輩としても憧れの存在。

“いつか、小椋先生の歌が歌えたらなぁ…”その夢が現実のものとなる。
“生きることの難しさ、生きることの素晴らしさ”を、多岐にわたる活動の中で表現し続けている。
アツキヨの為に“皆さんに喜んでもらえる作品”を書いて頂けないでしょうか…?と依頼したところ
小椋 佳は喜んで作品提供をしてくれることとなった。

   沖樹莉亜

沖樹莉亜とは、東京都出身のファッションモデル・歌手。
元プロ野球選手(日本ハム)・指導者沖泰司の長女である。

お笑いコンビのインパルスと藤崎マーケットが日産『マーチコレット』の発売記念イベントに
CMキャラクターで3代目“しあわせマチ子さん”を演じる沖樹莉亜と共に出席。
沖樹莉亜から4人の中で一番タイプの男性として名前を挙げられた堤下敦は
「デブが勝てるとは嬉しい」と勝利の雄たけびをあげた。

もうすぐ訪れる“ジューンブライド”の季節にちなみ、ウェディングをテーマにした同イベント。
タキシードに身を包んだ“新郎姿”で、初のファッションショー・モデルを体験した堤下らは
終始緊張した面持ちでウォーキングを披露し、インパルス・板倉俊之は
「生きてきて一番楽しかった。一生の思い出です」と感無量の表情を浮かべた。
一方の沖樹莉亜は、会場で発表されたレアマーチ車“みずたマーチ”に合わせた
水玉ドレス姿を披露し、会場に華を添えた。

さらに、5人でウェディングケーキのケーキカットも行い、これには「共同作業ですね」と声を弾ませた堤下。
「“新郎”4人に不満はありません。中でもタイプは堤下さん」というコメント。
思わぬ“告白”を受けた堤下の笑顔は、すでに新たな恋へと気持ちを切り替えている様子を物語っていた。

沖樹莉亜は、鈴木えみとのユニット『ジュエミリア』としてCDデビューも果たしている。
2005年ブラジル留学のため活動を休止したが、現在はフリーで雑誌などでモデルとして活動している。

ロンドン南部で24日、人気映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」で寄宿学校の生徒役の
1人マーカス・フリントを演じた俳優、ロブ・ノックスさんが、
刃物を持った男(21)から仲間を守ろうとして刺殺されたことがわかった。
英メディアが報じた。

英国では少年らの暴力が社会問題化。
今年に入りロブ・ノックスさんら14-19歳の28人が殺され、半数が刺殺だったため、
ナイフ所持規制を求める声が強まっている。

若者らはパブで飲んだ後、店の前でけんか。
5人が刺されるなどして病院に運ばれ、ノックスさんだけ死亡した。
このうち1人の男(21)が殺人容疑で逮捕された。
ロブ・ノックスさんは男が友人の携帯電話を盗もうとしたととがめていたという。

ロブ・ノックスさんの家族は
「彼は優しくて思いやりがあり、いつもみんなを助けていた。社交的でスポーツが好きな子だった…」
とコメントしている。

ロブ・ノックスさんが演じたマーカス・フリントは、ハリーの三学年上。
スリザリンのチェイサーでキャプテン。
 2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |
忍者ブログ | [PR]

Designed by Addio. / Graphics by まぜわん。 / Powered by NINJATOOLS
★... カレンダー ...★
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
★... 最新記事 ...★
★... カテゴリー ...★
★... リンク ...★
★... バーコード ...★
★... 最新TB ...★