忍者ブログ
今人気急上昇中のキーワードについてのブログです。
   [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シンガーソングライター・もりたかし氏の曲「やきとりじいさん」。
縁あって、2007年に福島県福島市で開催された日本初の
全国的やきとりイベント「やきとリンピックIN福島」にもり氏が招かれ、
ミニライブで披露された。印象的なフレーズが来場者の中でも
話題となりました。

「焼き鳥の街」として売り出している室蘭、福島、東松山、今治、久留米の
5つの市の代表者が集まって、「全国やきとり連絡協議会」を設立。

福島市ではこの『やきとりじいさん』をキャンペーンソングとして採用。
この歌に合わせて福島県在住の体操教室主宰・岡田麻紀が考えたのが
やきとりじいさん体操」です。

手を上げて背筋を伸ばし体をひねる「串刺しのポーズ」や、手をネギに、
もう一方の足を鶏肉に見立てて片足で立つ「ネギマのポーズ」など、
焼き鳥にちなんだ動きが随所に入れられています。
福島県の各地のイベントなどで行われています。

発売直後の2月初旬には地元やきとり店でキャンペーンライブを実施し、
またメディアでも多数報道されました。

5月にこの曲と出会った岡田麻紀が曲を気に入り、かねてより構想していた
「メタボ対策」の体操としてこの曲に合わせて効果的に身体を動かす
やきとりじいさん体操」を開発しました。

6月初旬に友人らとデジタルカメラで撮影した動画を、
人気動画投稿サイトyoutubeに投稿したところ、
1週間後に「おすすめ動画」として同HPのトップに掲載されました。
数日で5万回以上再生されたそうです。

深い歌詞と、耳に残るメロディ、そして効果的かつユーモラスな
体操が話題を呼び、全国にファンが急増中。
現在多くの問い合わせを頂戴し、イベントやメディア出演依頼が殺到しています。
PR
買取り専門店ブランドプレミアムでは、ブランドバッグや時計・貴金属etc
幅広いブランドアイテムの高価買取りをさせて頂いております。
また、法人在庫の大量買取りもブランディングまでカバーリングさせて頂き、
プロフェッショナルとしてご対応させて頂きます。

全国にグローバルな販売網を持つ買取り専門店ならではの、
高額査定・ブランディング在庫処理で、
誠実な買取り専門店 NO.1を目指しております。

バッグ・レザーアイテムを中心に、業界トップクラスの
取り扱いブランド数でお客様をお待ちしております。
使わなくなったアイテム 家で眠ったままになってませんか?
こんな経済状況なので、早めにまとめて売却しましょう。
ブランドアイテムは早期売却が高価査定の条件です。
また、あなたが大切にしている伝統の逸品もお待ちしております。

人気 No.1の宅配便を利用してのブランド品 宅配査定買取り。
全国どこからでも受け付け中です。
安心の運送保障付(30万円迄)ですので、お客様の大切なお品を万全のサポート。
専門の査定スタッフがスピード査定でお客様のお品をしっかりと
お値段付けさせて頂きます。
無料で手配できる梱包キットも是非、御利用下さい。

お問い合わせ頂ければ、あとはご自宅でお待ち頂くだけの楽チンサービスです。
専門の査定スタッフがしっかりとお客様と価値を共有しながら
お値段を付けさせて頂きます。
過去には東北~四国 海外ではイタリアまで御伺いしたことも。
出張費はもちろん無料です。

買取り希望のお品をブランドプレミアムの店頭までお持ち頂くだけの安心サービスです。
専門の査定スタッフがスピーディーに査定をさせて頂きますので、
ご好評を頂いております!
駐車場も8台完備 専門店ならではの高額査定を体感してください。
   ALA
ALAとは5-Amino Levulinic Acid(5-アミノレブリン酸)の略称です。
ALAは動植物の生体内に含まれるアミノ酸の一種であり、
血液中のヘモグロビンや葉緑素の原料となる、
生命にとって非常に重要なアミノ酸です。

ALAは36億年前の原始の地球に生まれ、
生命の誕生に関与した生命の根源物質とも言われております。

普段口にしている食品にもALAは含まれており、
私達は日頃からALAを摂取しております。
中でもALAは赤ワインやかいわれ大根、お茶、お酢等に多く含まれています。

従来、ALAは化学的な合成方法により製造されていましたが、
多くの手間とエネルギーを必要としたため、製造コストが非常に高く、
研究などの限られた用途にしか利用することができませんでした。

しかしながら、コスモ石油の長年の研究開発により、
従来よりも安価で大量にALAを製造することが可能になり、
ALAを様々な分野へ応用することが可能になりました。

ALAは植物においては生長促進効果があり、既に多くの農家が
野菜などの栽培にALAを利用しております。
動物においては、ALAは血液中のヘモグロビンの生産に関わっております。
さらに、ALAは細胞内のエネルギー生産に深く関わっているタンパク質である
シトクロムの生産にも関与していることが研究から明らかになっております。
そのため、ALAは動物においてはエネルギー生産の中心的な役割を
果たしていると考えられています

ALAの応用範囲はにきび・肌荒れ等の化粧品分野から
貧血やメタボリックシンドロームの改善等の健康食品分野、
脳腫瘍の術中診断・がん診断等の医療分野など多岐に渡っております。
   F60
F60とは、スクーデリア・フェラーリが2009年のF1世界選手権参戦用に
開発したフォーミュラカーで、アルド・コスタが設計した。
2009年の開幕戦から実戦投入される予定。
フェラーリとしてのコードナンバーは660。
F60は、「1950年のF1参戦開始から60年」を意味する。

規定に従ってフロントウイングとリヤウイングともに2008年シーズンを
走ったF2008とはまったく違う。
フロントウイングには2段式のままだが、中央部分はエレメントが
1枚のみに制限されているため、F2008のようなノーズとの接合は見られず、
翼端板に接続されているのみである。
また、ノーズが前方に大きく延長され、ウイングステーも、
ノーズから大きくウイングに向かって前方に突き出している。

フロント周りは特にエアロダイナミクス面での制限が厳しいため、
F2008まではサイドポンツーン上端からステーを伸ばしてミラーをつけていたが、
F60ではアンダーフロアから垂直にステーを伸ばす形となっている。
そして、そのステーは複雑な形状を描き、空力的に生かせるようにもなっている。
その他にも、小さなバージボードも装着されている。
このバージボードは厳しい規定の中で装着されているため、
従来のマシンよりも小形である。

インダクションポッドは大型化され、正面から見ると縦長の楕円となった。
ウイングレットやチムニーといったパーツがなくなり、
シャークフィンが廃止されたので、すっきりとしたリヤカウルとなっている。
また、上方排気のためのカバーも完全になくなり、
エギゾーストパイプが直接外にむき出しとなっている。

KERSは現在マニエッティ・マレリと共同開発中だが、
開幕戦のオーストラリアGPから使用するかどうかは未定。
レースドライバーであるフェリペ・マッサが、ムジェロサーキットで
F60のシェイクダウンを行う。
   巡音ルカ
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社は、
音声合成エンジン「VOCALOID 2」を採用したソフトウェア音源、
「キャラクター・ボーカル・シリーズ」の第3弾「巡音ルカ」を
1月30日に発売する。

第1弾「初音ミク」、第2弾「鏡音リン・レン」をリリースして
話題を集めると同時に、第3弾も予告。5日には公式ブログにおいて、
第3弾の起用声優が浅川悠さんであることを発表。

最大の特徴は、初めて日本語と英語の2つの音声データベースを搭載したこと。
巡音ルカはバイリンガル女性シンガーとなっており、
今までのボーカル音源では難しかった、
日本語に英語が交じる現代的なポップスを流暢にこなせ、
ワールドワイドな音楽にも対応できるという。

声質について同社は「クールでちょっぴりミステリアスなキャラクター・ボイス。
“ムーディーかつハスキーな女声”をコンセプトに収録されたクールな声質で、
中域から高域まで広めの音域をフォロー。
ハウスなどの定番ダンス系からディープな電子音楽、
またはジャジー/ブルージーな大人びたサウンドにも対応する」と説明している。

キャラクターのイラストはこれまでと同様、KEI氏が担当。
設定年齢は20歳で、身長は162cm。体重は45kg。
コスチュームは生楽器音を発音構造を含めてシミュレーションする
「物理モデリング・シンセサイザー」をモチーフにしており、
公式ブログでは「ふくよかな胸の上に鎮座する“金のオブジェ”は、
管楽器(ホルン)と無限(循環器)がモチーフ」、
「喉元で青白く輝く宝石は、(音を通す為の)空気中の重要な要素である“水分”を、
水滴と重ねてイメージ化」など、詳細に説明されている。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |
忍者ブログ | [PR]

Designed by Addio. / Graphics by まぜわん。 / Powered by NINJATOOLS
★... カレンダー ...★
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
★... 最新記事 ...★
★... カテゴリー ...★
★... リンク ...★
★... バーコード ...★
★... 最新TB ...★