忍者ブログ
今人気急上昇中のキーワードについてのブログです。
   [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハッスルエンターテインメント株式会社でインリン様として活躍した
タレントのインリン・オブ・ジョイトイが17日付の自身のブログで、
ハッスルエンターテインメント株式会社に対し、
所属事務所ステイトリーズ・ガーデンが未払いの出演料を求める
民事訴訟を起こしたことを明らかにした。

インリンのブログによれば、ハッスルエンターテインメント株式会社
インリンの出演料などで「多額の未払い」があるという。

インリンは「支払ってくれるようにと何カ月にもわたり交渉してきました。
しかし、期限の約束が何度も破られ、いまだに出演料などの
支払いが完了されていません」と主張し

「これまでの対応、交渉経過などを考えると、
このままの状態を放置することは、私たちの常識と理解の限界を超えました」と
ハッスルエンターテインメント株式会社を非難。


「熟慮の結果やむを得ず、私の事務所、有限会社ステイトリーズ・ガーデンが、
ハッスルエンターテインメント株式会社に対し、
出演料などの支払いを求める民事訴訟を提起しました」と、経緯を説明している。

ブログ冒頭では「私自身、ハッスルの『インリン様』を演じることにベストを尽くし、
ファンの皆さまや共演者、スタッフの方々に支えられ、
素晴らしい経験をすることができました」とハッスルでの経験を肯定しているだけに、
今回の提訴が苦渋の選択だったことがうかがえる。

この日はハッスルエンターテインメント株式会社の会見が都内の
ハッスル道場で開かれたが、ハッスルエンターテインメント株式会社
山口日昇社長は道場にも会社にも不在。
PR
叶姉妹の姉・恭子が原作を担当した映画
イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ』の
制作発表が17日、都内で行われた。

性別や常識に縛られない自由な女、KOKOを演じた恭子は、
初の映画出演でフルヌードを披露、数々のラブシーンにも挑戦したが
「日常生活と何ら変わらないナチュラルな私を表現しただけ。
演技をした感覚は一切ありません」とすまし顔。
「抵抗があったら、そもそも映画に出ていないでしょう」と
優雅に本気ぶりをアピールした。

同作は恭子の著書『トリオリズム』をもとに、
イタリア人女性監督が映画化した“女性のための官能映画”。
脚本やカメラなどの制作スタッフもすべて女性が占め、
キャストのオーディションや撮影はイタリアで敢行。

撮影中は「凍えそうなくらい寒かった」という恭子は、そ
の中でも“ナチュラル”なラブシーンのために
「自分自身で、ある意味、工夫しなければならなかった」と話した。

この日の会見のために、エリーザ・ボロニーニ監督と、
恭子演じるKOKOとの出会いで、人生が変わる少女・ジョルジャ役の
マリア・コッキャレッラ・アリスメンディが来日。

マリアは「恭子さんに出会い、作品を通じて恭子さんと一体化することができて嬉しい」
とすっかり感化されてしまったようで、恭子に頬を寄せるなどしてフォトコールに応えた。
また、ボロニーニ監督も
「女性ばかりのスタッフが一体になって、母が子供を育てるように作品づくりに取り組めた」
と作品に自信をのぞかせていた。

イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ』は
5月より東京・新宿バルト9、大阪・梅田ブルク7ほか全国公開予定。
   浅尾拓也
浅尾拓也とは、中日ドラゴンズのプロ野球選手(投手)。

愛知県立常滑北高等学校時代は捕手を務めていたが、
2年生の時に投手に転向。
高校卒業後、日本福祉大学を経て、2006年のドラフト会議で
中日に3位指名される。

ちなみに、指名前は中日以外に指名されたら社会人野球に進むと宣言していた。
日本福祉大学第1号のプロ野球選手である。

大学生時代、名古屋産業大学との対戦でノーヒットノーランを達成した。
今まで地元球団・中日にしか注目されていなかった浅尾だが、
これにより、東京ヤクルトスワローズや西武ライオンズ、
東北楽天ゴールデンイーグルスなどの複数の球団が注目する格好となった。

オレ竜キャンプ2度目の休日となった16日、今季から先発に転向する
3年目右腕の中日・浅尾拓也投手に対し、球団幹部が“遅婚”のススメを説いた。

最速152キロのセットアッパーとして急成長した成績に加え、
球界屈指のイケメンとして人気が急上昇。
女性ファン拡大に向け、異例の珍指令が飛んだ。

井手編成担当は真顔で答えた。
「なるべく結婚はしないようにと言いましたよ。
ウチにとっては立浪以来じゃないですかね、顔でお客さんが呼べる選手というのは」。
すでにグッズの売り上げはトップクラス。
球団事務所には浅尾拓也の新商品の販売を求める電話が殺到するほどの人気ぶりなのだ。

オフにはCM出演のオファーも届いたほど。
浅尾拓也は「まだ一人前になっていないので」と丁重に辞退を申し出たが、
ファン層の新規開拓の期待を一身に背負っている。
スマイリーキクチの出身地と生まれ年、またコンクリート詰め殺人事件に
関与した少年たちの実名報道をした中に、
同姓同名がいたらしいというのが噂の出所です。

ボキャブラ天国の番組内で、似たようなシチュエーションのコントを
やったという話もついてきています。
ただし、「昔は暴走族だった」というネタと、拉致監禁するぞ、
というようなネタがあったことから話に尾ひれがついた可能性のほうが
むしろ高いとは思います。

なにしろスマイリーキクチを少なくとも主犯格メンバーにするには
問題点がかなりあります。
主犯格とされた4人の少年はそれぞれ少年刑務所に入りました。
リーダー格の少年は懲役20年で未だ服役中ですし、
他の3名も5~10年前後服役しています。
少なくとも、これら主犯格4名ですと、スマイリーキクチは
デビュー時期に間に合いません。

また、これ以外に友人関係で多少なりともかかわりをもって、
少年院送致された少年があと3名ほどいますが、
それぞれ数年送致されていますのでこれら3名も含めたとしても、
結果的に時期があわないんですね。

少なくとも、「スーパーボキャブラ天国」あたりから出演しているのは確実で、
事件が実際に発覚した1989年、そして逮捕、裁判終了の1991年なので、
いくらなんでも変です。

実際に実名報道されたときの少年の名前などを見ましたが、
とりあえず菊池という苗字の少年はいませんでした。
基本的にはスマイリーキクチがこの事件に関与していたという噂は、
ほぼデタラメと思います。
エスケー食品とは、兵庫県の食品メーカー。
インドネシアで子会社による海老の養殖事業を行い、
海老フライを中心とした冷凍食品を製造しています。

故・園山俊二さんのマンガが原作のアニメ「はじめ人間ゴン」に
登場した骨付き肉を商品化し、2週間足らずで1300本が完売した
「ギャートルズ肉」が「肉の日」の2月9日、
エスケー食品」の販売サイトで再販されることになりました。
「肉」をもじった2929本の予約限定販売。1本2079円から。

同アニメは、架空の原始時代を舞台に、原始人の子供「ゴン」と
相棒でゴリラの「ドテチン」がさまざまな騒動を巻き起こすという物語。
同社企画室の菅野大輔さんが、ゴンが骨付き肉をおいしそうに
かぶりついている場面が忘れられず、08年夏に「ギャートルズ肉」を企画。
アニメ版の制作会社「ぴえろ」とライセンス契約を交わして開発しました。

 肉と骨の大きさの関係から、国産ブタのあばら骨に
オーストラリア産牛肉を巻きつけて焼き、冷凍して商品化。
電子レンジで温めると、温める際に外側と内側の温度に大きな差が
できてしまうため、蒸気穴付きの「せいろパック」を封入、
温めた後に6分間蒸らして、中まで温かい「ギャートルズ肉」が完成する。
企画から約4カ月かかったそうです。

08年11月に1300本限定で販売したところ、
わずか2週間足らずで完売したといいます。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |
忍者ブログ | [PR]

Designed by Addio. / Graphics by まぜわん。 / Powered by NINJATOOLS
★... カレンダー ...★
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
★... 最新記事 ...★
★... カテゴリー ...★
★... リンク ...★
★... バーコード ...★
★... 最新TB ...★