忍者ブログ
今人気急上昇中のキーワードについてのブログです。
   [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   緒形拳
5日に亡くなった俳優の緒形拳さんの密葬が7日、東京都内の斎場であった。
葬儀後、俳優の長男・幹太さん、次男・直人さんが会見を開き、
死因が肝臓がん破裂の出血だったことを明らかにした。
幹太さんは「仕事人間だったので、肝臓がんだったことは家族にしか言っていなかった」と話した。

2人の説明によると、拳さんは、8年前に肝硬変になり肝臓がんに移行。
4日夕、拳さんが「体調がおかしい」と言うので、病院に行って
肝臓が破裂していることが判明した。
5日午後11時53分に、妻、子供、孫と俳優仲間で親友の津川雅彦さんにみとられ、
眠るように亡くなったという。

幹太さんは「一家の大黒柱だった。家ではすごく家族を大事にしてくれた」と振り返った。
また、直人さんは生前、「病気のことがあり気が気じゃなかった」と
体のことを心配していたという。
亡くなって「父は、あまりにもでかい存在だった。俳優としても、父としても尊敬している」と
憔悴した様子で話した。

典江夫人が喪主となって近親者のみで行われた密葬の祭壇には拳さんが生前記した
「雪月花」や「不借身命」などの書が飾られた。
戒名は「天照院普遍日拳居士」。
遺影は06年2月に出版した「緒形拳を追いかけて」の表紙写真が使われたという。
後日、「しのぶ会」を開く予定。
PR
DEMENTIUM~閉鎖病棟~とは、RENEGADE KIDが開発した
ニンテンドーDS専用サバイバルホラーFPS。

2007年にアメリカで発売され、高い評価を受けたタイトルが日本上陸。
レーティングは【D】17歳以上。

廃墟となった病院を舞台に、記憶を失った主人公が、グロテスクな姿の
異形の者たちと戦いながら脱出を試みるホラーアドベンチャーゲーム。

記憶を失った彼の周りで起きる惨劇、迫りくるおぞましい異形の者たち。
彼らは、外科実験の犠牲者なのか?
すべての謎を解き明かしたとき、そこに待つのは地獄のような
病院よりも恐ろしい現実だった。

2007年10月の北米先行発売以降、各メディアから高い評価を得る。
海外ゲーム情報サイト「IGN」が行う2007年アワードで、
「ベストFPS」と「ベストグラフィック技術」を受賞。

2008年9月、精神科医療団体などが公式ホームページの閉鎖と、
販売差し止めを申し入れを行なっている。
同団体によると、「閉鎖病棟」とは精神科病院に実在する病棟の名称であり、
ゲーム内にも「統合失調症」「抗精神病薬」といった精神疾患を連想させる
名称が使用されており、精神病患者を冒涜しているという。

しかし、同様の用語などを使った作品設定は、他のマルチメディア作品にも
頻繁に使われており、「表現の自由」に対して任天堂と販売メーカーが、
どのような決断を下すのかが争点になる。

足をすくわれる」とは、ちょっとした隙に付け込まれて相手に失敗させられる
という意味の慣用句。
足をすくわれる」を「足元をすくわれる」と間違える人が増えているという。
「足元」は文字通り足の近く、立っているところという意味なので、
すくうことはできないので、この場合「足をすくわれる」が正解。

「ぶぜん」や「げきを飛ばす」の意味を取り違えたり、慣用句も「足元をすくわれる」と
間違えたりする人が7割に上ることが、文化庁の2007年度国語に関する世論調査で分かった。

言葉の意味を尋ねた設問で「ぶぜん」を「腹を立てている様子」と誤ったのは70・8%で、
正答の「失望してぼんやりとしている様子」は17・1%だった。

「げきを飛ばす」も72・9%が「元気のない者に刺激を与えて活気づけること」と間違え、
正答の「自分の主張や考えを、広く人々に知らせて同意を求めること」とした人は19・3%だった。

議論や意見が出尽くして結論の出る状態を表す「煮詰まる」は、10-30代の7割程度が
「議論が行き詰まり結論が出せない状態」と誤った。
逆に50代と60歳以上は7割が正解し、世代間の差が目立った。

慣用句の使い方では「卑劣なやり方で失敗させられること」を、「足元をすくわれる」とし
不正解だったのは74・1%。「足をすくわれる」の正答は16・7%だった。

論理を組み立てて議論を展開することを「論戦を張る」と誤ったのは35%で
本来の「論陣を張る」25・3%を上回った。

米英などが開発中のF35ライトニングIIに関する情報提供を日本政府が
正式に求めてくるとの見通しを明らかにした。
これまで「本命視」されてきた最新鋭ステルス戦闘機F22Aラプターは、
米議会によって海外への輸出が禁止されていることから、
日本側が取得を事実上断念するとの見方を示したといえる。

F35計画の責任者であるチャールズ・デービス空軍少将はこのほど、ロイター通信に対し、
日本政府が年内にF35の価格などに関する情報提供を正式に求めてくるとの見通しを示した。

F35ライトニングIIはアメリカの航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発中の
単発単座のステルス性を備えたマルチロール機である。
概念実証機のX-35は2000年に、量産機のF-35は2006年に初飛行し、2012年に実戦配備予定である。
開発計画時の名称である統合打撃戦闘機 (Joint Strike Fighter) の略称JSFで呼ばれる事も多い。

JSFの名の通り、ほぼ同一の機体構造を用いながら、
基本形の通常離着陸、艦載機、短距離離陸・垂直着陸という3つの派生型を製造する
野心的なプロジェクトである。
1960年代にも似たような運用構想でF-111が開発されているが、
機体の大型化のためすべての運用計画に対応できるものではなかった。
それに比べてみても、F-35は機体の小型化技術の進歩を伺わせるものである。

アメリカ空軍・海軍・海兵隊、イギリス空軍・海軍が採用を決定しており、
あわせて数千機が製造される見込みである。

シガテラは、熱帯および亜熱帯海域の主としてサンゴ礁の回りに
生息する毒魚によって起こる死亡率の低い食中毒の総称で使われています。

シガテラ中毒は最初の生産者は有毒藻類でこれを食べた草食魚がまず毒化し
次いで肉食魚に毒が移行するといわれています。
2008年7月13日、テレビ朝日の番組「素敵な宇宙船地球号」で
「北上する海の悪魔」として紹介され話題を呼びました。

日本では去年6月、大阪で、いままでにないシガテラ中毒が起ました。
イシガキダイを食べた一家ら9人が、激しい下痢や嘔吐に加え
『冷たい水を触ると電気が走る』など奇怪な症状が半年以上も続いたのです。

シガテラ中毒は渦鞭毛藻がつくり、いちばんはじめに分離された毒がシガトキシンです。
毒性の強さは実験動物の半数が死亡する「半数致死量」であらわすことが多いそうです
マウスの半数致死量でシガトキシンは「フグ毒」のテトロドトキシンの約20倍も強いそうです。

症状はさまざまで主に現れる症状は次のようになるそうです
①嘔吐、下痢などの消化器障害
②血圧降下や心拍数の減少などの循環器障害
③ドライアイス・センセーションなどの知覚異常、縮瞳などの神経の障害
④脱力感、関節痛などのその他の障害
おもに現れる症状としては神経系の障害だそうです

また、フエダイ類などの肉食魚による中毒が循環器系障害を伴う多様な症状を示すのに対し
草食もする魚は、消化器系と神経系の障害が主で
毒魚の食性で症状に差があるらしいです。
後遺症は1~3ヶ月続いたり永くなると1年近くなる場合もあるそうです。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |
忍者ブログ | [PR]

Designed by Addio. / Graphics by まぜわん。 / Powered by NINJATOOLS
★... カレンダー ...★
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
★... 最新記事 ...★
★... カテゴリー ...★
★... リンク ...★
★... バーコード ...★
★... 最新TB ...★