忍者ブログ
今人気急上昇中のキーワードについてのブログです。
   [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シガテラは、熱帯および亜熱帯海域の主としてサンゴ礁の回りに
生息する毒魚によって起こる死亡率の低い食中毒の総称で使われています。

シガテラ中毒は最初の生産者は有毒藻類でこれを食べた草食魚がまず毒化し
次いで肉食魚に毒が移行するといわれています。
2008年7月13日、テレビ朝日の番組「素敵な宇宙船地球号」で
「北上する海の悪魔」として紹介され話題を呼びました。

日本では去年6月、大阪で、いままでにないシガテラ中毒が起ました。
イシガキダイを食べた一家ら9人が、激しい下痢や嘔吐に加え
『冷たい水を触ると電気が走る』など奇怪な症状が半年以上も続いたのです。

シガテラ中毒は渦鞭毛藻がつくり、いちばんはじめに分離された毒がシガトキシンです。
毒性の強さは実験動物の半数が死亡する「半数致死量」であらわすことが多いそうです
マウスの半数致死量でシガトキシンは「フグ毒」のテトロドトキシンの約20倍も強いそうです。

症状はさまざまで主に現れる症状は次のようになるそうです
①嘔吐、下痢などの消化器障害
②血圧降下や心拍数の減少などの循環器障害
③ドライアイス・センセーションなどの知覚異常、縮瞳などの神経の障害
④脱力感、関節痛などのその他の障害
おもに現れる症状としては神経系の障害だそうです

また、フエダイ類などの肉食魚による中毒が循環器系障害を伴う多様な症状を示すのに対し
草食もする魚は、消化器系と神経系の障害が主で
毒魚の食性で症状に差があるらしいです。
後遺症は1~3ヶ月続いたり永くなると1年近くなる場合もあるそうです。
PR
★... この記事へのトラックバック ...★
この記事にトラックバックする:
 32 |  31 |  30 |  29 |  28 |  27 |  26 |  25 |  24 |  23 |  22 |
忍者ブログ | [PR]

Designed by Addio. / Graphics by まぜわん。 / Powered by NINJATOOLS
★... カレンダー ...★
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★... 最新記事 ...★
★... カテゴリー ...★
★... リンク ...★
★... バーコード ...★
★... 最新TB ...★